Read Article

どうして商売が面白いのか

どうして商売が面白いのか

先日仕事終わりでジムに行きランニングマシーンで汗を流していました。備え付けのテレビを見ながら走っていたのですが、その時にやっていた所ジョージさんの番組でのことです。何気に見ていたのですが、普通のバラエティ番組とは思えない商売人にとってはすごいことをその番組に出ていたある人が言っていました。
 

その言っていた言葉は、商売人の学校の校長であるますだ先生も言っていた言葉です。番組ディレクターが農家の人にインタビューしている場面です。会話の流れでディレクターが「仕事が面白いって言えるのステキですね」と言うと農家の人は「儲かるから面白い!」と、満面の笑顔で答えていました。この言葉を聞いた時、そういえばこれってますだ先生も以前こんなこと言っていたなぁとその時のことが頭に浮かんできました。
 

商売人の学校の前身であるMSD増田塾の授業後の懇親会で、今回の農家さんが言ったことと同じことをますだ先生がこんな感じのことを言っていました。
 

「好きな仕事をやっているから面白い(楽しい)んじゃない、儲かっているからその仕事が面白い(楽しい)と思えるんだ」
 

これを聞いた時、確かに過去の経験から実感できたし、イメージできたので何気ない会話の中での言葉だったのかもしれませんが、今でも頭の中に残っている言葉です。これは非常に深イイ一言でした。
 

この言葉は授業中ではなくて数人しかいない懇親会の2次会での話でした。授業も勉強になるのですが、懇親会での先生との会話が商売において参考やタメになる話がたくさん聞けます。もちろんお酒の席なので今までに聞き漏らした言葉も多々ありますが、、、(笑)
 

農家の方が言った一言と校長の言った一言。これはどちらも同じで商売においてとても大事な言葉だと私は思っています。それは、私にも実感できるからここで話しているのです。儲かっている時は、仕事が楽しいですし面白いんです。でも、思うように売上げが上がっていない時はどうしても仕事が楽しくないし気持ちが落ち込んでしまいます。どうせ商売をやるんだったら、自分が好きな商売を面白楽しくやってお客さまに喜ばれたいですよね。
 

コメント投稿

PR : 「商売人の学校」基礎コース無料体験実施中!

Return Top