Read Article

商品が良ければ試してもらえ

商品が良ければ試してもらえ
あなたの商品やサービスを
お客さまは基本的に知りません。

 
使ったこともなければ、
購入したこともない。

 
そんなお客さまに
あなたの商品やサービスが
良いものであるということを
伝えるにはどうすればいいのでしょうか。

 
あなたは
「お客さまが買ってくれれば、、、」と言いますが、
お客さまはあなたの商品やサービスが
良い商品かどうかわからないので
購入しようと思っていません。

 
このままだとあなたと
お客さまは平行線で
商品やサービスも売れないままでしょう。

 
そこであなたがお客さまの疑いや不安などの
リスクを軽減してあげれば
お客さまは購入してくれる可能性が高くなります。

 
そのリスクを軽減する方法とは、、、。

 
商品やサービスを試してもらうことです。

 
あなたがお客さまに一歩歩み寄る
という感じでしょうか。

 
あなたの商品やサービスを
お試しするということで
価格を安く設定してあげたり、
量を少なくしてあげたり、
回数を少なくしてあげたりと
まずは使ってみてください
ということを施策としておこなってみることです。

 
そうすることによって、
お客さまの商品やサービスを
購入するという障壁が
お試しということで少し下がります。

 
それで商品やサービスを使用してもらって、
よければ正規の値段で
購入してくださいということです。

 
こういう販売方法は
結構いろんなものでやっています。

 
特に明確に分かるのが健康食品などの通信販売です。

 
通販では、
健康食品やサプリをまずは
お試ししていただくために
通常の価格でもう一つ無料で付けたり、
商品を割引して販売したり、
オプションをつけたりして
お得感や購入しやすさをアピールしています。

 
私達、
個人事業主はテレビコマーシャルなどを
やっている通信販売を参考にできないと思いがちですが、
通信販売の販売施策などは
ダイレクトレスポンスマーケティングなので
個人事業主が参考にしたい
施策をたくさん実践しています。

 
だから、
どうやったら自分の業種でも使えるのかを考えてください。

コメント投稿

PR : 「商売人の学校」基礎コース無料体験実施中!

Return Top