Read Article

購入頻度と接触頻度

購入頻度と接触頻度
本日もブログへの訪問ありがとうございます。
 
商売人の学校講師 蔵楽俊樹です。

 
すっかり秋らしくなってきましたね~。

 

日毎に深まる秋は、温かいお部屋でブログでも読みながら
コーヒーブレイクはいかがでしょうか?

半年前位にネット通販でコーヒー豆を買ったのですが、
このコーヒー屋さん、その後のフォローアップが半端ない。

 
まず商品が届くと
 
・コーヒーの歴史
・コーヒーを飲む事で得られる効果効能
・コーヒーを飲み続ける事の価値
 
みたいのが書いてある小冊子や豆カタログなど色々入ってるんです。
 
そして1週間くらい経ってからDMが送られてきました。
「いかがでしたか?」的な。
しかも手書きで。
その後もDMは定期的に届くんですね。

 
もちろん毎日メルマガも送られてきます。はい。

 

元々ダイレクトレスポンスマーケティングって
通販関連の手法からですもんね。
マーケティングにかけるエネルギーが半端ない。

 
ネット通販の商品はマーケティングの工夫がいっぱいなので
とても参考になりまよね。

 
そこでやはり素晴らしいのは顧客との
「接触頻度」
「連絡頻度」
が尋常でないという点。

 
顧客囲い込みのためなら毎日メール&定期的な郵便物。
これをやっても十分回収できる価値があるからこそ、
徹底してやるんだと思います。

 
特にサプリメントや食料品などの購入頻度が高いものほど、
顧客への連絡頻度は高いほうがいいのだそう。

 
商品購入頻度に比例して頻度を高める必要があるって事ですね。

 
家とかクルマに比べて食品はいっぱい連絡とっておかないと
ライバルに顧客を奪われてしまうのです。
顧客の囲い込みが難しい。

さて、そう考えると私たち治療院はいかがでしょうか?
”購入頻度”ものすごく高いですよね?
 
しかも、ほとんどの所は近隣に競合もたくさんあるし。
 
大抵の先生は年賀状送る位しかしてないのでは?
 
頑張ってる人でも誕生日カードかニュースレターあたりかな?

 
だからこそこの
 
【購入頻度に比例した連絡頻度】

 
ここを頑張れば他との差別化が簡単に出来ちゃう訳ですね。
LINEとかメルマガとかね。

 
これは大チャンス!
やるべきことを他がやってない今、
あなたが実施することで大きく差がつけられますよ!

 
ぜひココ頑張ってみて下さいね(^。^)

 
本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

 
      商売人の学校 蔵楽俊樹

Return Top