Read Article

宣伝広告費 いくらかけたらいいの?

宣伝広告費 いくらかけたらいいの?
いつもブログへの訪問ありがとうございます。
 
商売人の学校講師の蔵楽俊樹です。

 

先週末の日曜日、
家族でプラプラとさいたまスーパーアリーナ近くを散歩してました。
 
すると何かのイベント(ま、しょっちゅうやってるんですけどね)
が開催されていて、ちょっとのぞいてみる事に。

 
フリーマーケットがメインなのですが、
その他に何かしらファミリー層をターゲットにしている会社が
7〜8件出店していました。

 
食品の試供品を配ったり、
簡単な物を利用して何かを子供と一緒に作れる教室の様なもの。
ダーツゲームや輪投げなどなどちょっとしたお祭り?
で賑わっていたんですね。

 

その中に毎度お馴染みのあの会社。

 
この様なイベントに必ずといっていいほど出店している会社、
「コープデリ」。
生協の宅配サービスの会社です。

 

このコープデリ、イベントに出展するとプリンかヨーグルトを
丸々一つ食べさせてくれるんです。
ちゃんとした席も用意されていて、
もちろん食べている間はきっちりプレゼンもされます。
プリン食べちゃってるので返報性の法則よろしく
プレゼンもみなさんしっかりと聞くわけなんです。
このコープデリ。本当にいたる所で出店していて
フリーマーケット、お祭り、ショッピングモールのイベント等、
何かしら人が集まる所には必ずと言って良いほど、目にします。
出店料も合計すると相当かかっていると思います。

 
でもこのコープデリ。
無闇矢鱈に出展しているわけではない。
 
むしろきっちり数字を計算しているからこそ、
あっちこっちにブースを出せているのかと。

 
その数字。
おそらくこれを重要視しているであろう数字が
 
「 LTV 」 (顧客生涯価値)

 
お客さんが自分の商売に一人あたりいくら使ってくれているか?
ある一定期間を定めて計測して出す数字です。

 
例えばこのコープデリ、
出展中に一人が登録してくれると平均してそのお客さんが
20万円使ってくれるとします。
一度出店したら最低でも5人は登録してくれるので
この出店は100万円の価値がある。

 
出店料が20万円だとしても5人登録で100万円の売り上げが立つので
ブース出さないわけ無いですよね?
まあかなりざっくりな計算ですが、
こんな感じで数字を出していると思われます。

 
逆にこの数字、LTVを把握していない状態で何かをする、
広告を出すっていうのはとっても危険。

 
このLTV(生涯顧客価値)を測定していないと、
その広告が本当に良かったのか?の判断も出来ません。

 
目隠しして自転車で高速道路を漕いでいる様なものです。

 

それくらい重要な数字LTV。

 
これをしっかりと計測するのが経営を安定化していく上で
最も重要だと言っても言い過ぎではありません。

 

みなさんも是非この生涯顧客価値、LTVを測定して
広告費用はいくらまでかけられるのか?の目安とし
てみて下さいね!

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

    
 

                   蔵楽 俊樹

コメント投稿

PR :オンラインサロンご入会受付中!



Return Top