Read Article

ビジネスモデルで儲かる仕組みの作り方|こうすれば楽に売上が取れる方法公開

ビジネスモデルで儲かる仕組みの作り方|こうすれば楽に売上が取れる方法公開

 

どもー、商売人の學校の宮崎です。
おげんこ?

普段、愛の人とか
愛が溢れてるとか
なぜかセルフイメージとかけ離れた噂が流れてるので
(こんな紹介文とかね
https://peraichi.com/landing_pages/view/9lwlp

だからここではビシバシと
【本当の愛】に満ち溢れたブログを書こうと思うの。

さて。
そもそもビジネスやってるのに
システム持ってなくて行き当たりばったり。

そんなあなたはもう読まなくていいです。

たぶん意味わからないので。

だってそれ、
ビジネスじゃなくてギャンブルでしょ?
って話。

カイジって知ってます?
映画になったギャンブル漫画。
ああいう世界と一緒。

まあ、あのマンガは大好きなんですが( *´艸`)

耳切られちゃったり指切られちゃったり。
あ、耳は自分で切ったのか。

で、一晩で20億稼いだり。

 

でもね、
ハイリスクハイリターンはいいんですが
それはギャンブル。

あなたのビジネスはそうじゃないでしょう?

投資に対してリターンを回していくのが
ビジネスですよね。

そのためにはシステムが必要なんだけど
まあ、わかんない人はここまででOK(^^)/

 

さて。
今日はシステムを作ってみてるけど
それがうまく回んないって人へ。

そのシステムうまく使えてますか?

もし、、、
うまくいかない、
途中で回らなくなる
定着しない

そんなシステムは間違いなく
○○がないです。

アレよ、アレ♡
アレがないんです。

アレ♡が気になるひとに
ちょっとお聞きしますが

そもそもそのシステムの目的って何?
って聞かれたらなんて答えます?

それか…
どうだったらうまういってるって言えますか?
って聞かれたらどうでしょ。

もしくは…
自分がどの程度そこに関わって
どの程度の時間かかって
どの程度のお金がかかって
どの程度の人手が必要ですか?

って聞かれたら答えられますか?

ってこと。

つまり、【型】

僕はこれを
システムのペルソナって言ってますが

言い方は何でもいいんですが
明確なシステムの【型】を
最初に創ってください。

創るんです。

細かい【型】をがひとつひとつ明確にしないと
システムは作ってもうまく回りませんが

型を最初に明確にしてから
それに必要なリソースやプログラムを配置すると…

 

あらやだ♡

 

ってことで今日は終わり。

次回はシステムを回すために必要なこと。

忘れてなかったらね。

ちゃお。

 

宮崎圭太

コメント投稿

PR :オンラインサロンご入会受付中!



Return Top