Read Article

ピンチがチャンスに変わる瞬間|ピンチの時期にチャンスが作れる方法公開

ピンチがチャンスに変わる瞬間|ピンチの時期にチャンスが作れる方法公開

 

こんにちは。マルチな感性プロデューサー、タマブチエリコです。

やっと秋になってきましたね。
そろそろ、年末に向けてダッシュです。
今日は、私が少しずつ、1年の安定を構築してる話をさせてください。
私は年末は、
クリスマスシーズン、お花の方のレッスンの受注が多くなり、大変なことになります。
毎年のことなので慣れてはいますが、季節労働者のようです。

ちょっと昔は、夏の閑散期の分まで、ココで頑張らなければ!と必死でした。
短期集中で、寝不足で、ボロボロ、それこそ、薄利多売ですしね。
大変でしたー。

もちろん、いまも大変ではありますが、だいぶ心と身体にゆとりがありますね。
なぜか?

全体的に12月の客数を減らしました。
その代わり単価をアップしました。
1.5倍のクラスを作りました。
更に、一ヶ所でのレッスン人数が多くなるようにしました。
地域によりまとめました。

客数を減らしましたが、売り上げは変わらず。
これだけでも、年末の部分が整理できました。

これ、去年度の話です。
余裕ができたので、次の仕組みを作ろうかと思います。

日本には四季があるので、それによって売り上げが変動する職種がありますよね。
飲食店にしても、夏メニュー、冬メニュー、
服飾系、アミューズメント系も、季節によって手を変え品を変えです。

花業界は、真夏は辛いですね。
この季節をどう乗り切るか。
花は持たないから売れないし、一般需要は減る。
確かに、生徒さん獲得もしにくい時期です。
そのような時のために、プリザーブドフラワーとか、ドライフラワーがあるわけです。

通常レッスンに導入するのは勿論のことですが、
この時期に、敢えてドライもので、新規を取ります。
そして、入会して頂いて、秋に本格レッスンです。
で、またクリスマスが増えるんですけれど。
更には、お花を扱わない、カラーのセミナーを集中的にやります。
また、違う層へのアプローチができます。
そして、継続課金のお客様を増やしていく。

常に生徒さんやクライアントさんの興味の矛先を聞いておくと、
意外なところからお話を貰えたりもします。

ピンチの時にチャンスを作る

コレを心がけていくと、全体が整っていくような気がします。

閑散期は、時間もあるので新しいことをしっかりと慌てることなく実施できます。
業界の人が、誰もが諦めてる時期に、何をするか、ですね。
今年の夏は、最高に忙しかったです。
脳みそを使い始めると、色々と湧き出てくるものです。

人がしていない事はなんなのか?

まだまだ、案がでてきそうですね。
忙しい時にはできないことを、しっかりやっていくと、1年間全体の底上げになりますね。

まずは何から手をつけるか?
ワクワクしながら考えましょう!!!

コメント投稿

PR : 「商売人の学校」基礎コース無料体験実施中!

Return Top