Read Article

ブームの波に潰されないために

ブームの波に潰されないために
こんにちは。
今年ももう残すところわずかとなりましたね。
今年はどんな年だったでしょうか。
振り返る暇もなかなかないですけれどね。

 

さて、商売人の学校には色々な業種の方がいらっしゃいます。
美容、エステ、整体、セラピスト、スクール業、ブティック、
飲食、学習塾、工務店、WEBマーケッター、印刷ディレクター、
などなど、
過去には他にも、沢山の業種の方がいらっしゃいました。

 

そのような中で、時々ブームが起こるようなものがあります。
 
例えば!
飲食でも、流行る食べ物、又、カルチャーや運動系でも、流行るものがあります。
流行る、ということは需要がある、
そして、また、ライバルも多く出現する。
まさに争奪戦。

 
今は、わりと筋肉女子、身体を鍛えることが流行っているので、
身体のメンテ&鍛える系のスクールが需要がありそうですね。

 
そのような時こそ、他との差別化、見せ方、集客のやり方、
がとても大切になってきます。

 
抜きん出るにはどうしたらいいか、考えなくてはなりません。
ただ、そのブームが続き、2~3年すると、自然と終息を迎えます。
ブームという意味での終息です。
 
必然的に、売り上げは下降の一途になります。
ブームが去るということは、 新規がすくなくなりますからね。

 

そこで、メチャクチャ慌てるのでは間に合わない。
売り上げ低空飛行の日々です。

 
周りを見ても調子良く、集客がバンバンできている、
目に触れる機会が多いということは、紛れもなくブームですね。
要はそういう時に、次の施策を考える。
 
普通のバックエンドを売るという意味ではありません。
他と違うようなこと、全く違うコンテンツであったり、新しい物をを考える。
 
又は、全く今まで考えてなかったような人をペルソナにしてみます。
 
売り尽くして飽きられているのなら、買い手を変える。
それに尽きますね。
 
それも、大きく変えなければ意味がないですね。
 
今までアプローチして来なかったようなところに、
同業者が目を付けていないようなところにです。

 
当たり前のことではありますが、経験をしたことがない人にとっては、
流行りものも何もありません。
新鮮なものとして受け入れられます。
 
少しひねりを入れて進化させてものでもいいでしょう。
買い手を変えるだけで、少しでも寿命は伸びます!

 

ブームや景気を言い訳にしたくないですね。
どんな時も、底力のある経営をしたいものです。
常に、色々なことにアンテナを張って、アイデアを出す習慣をつけましょう。

コメント投稿

PR : 「商売人の学校」基礎コース無料体験実施中!

Return Top