Read Article

上手くいく副業、いかない副業

上手くいく副業、いかない副業
こんにちは、商売人の学校の講師の長井です。

 
さて今回は副業の話でも。

 
副業、最近流行ってますよね。
 
私自身も色々仕事していますが基本は美容師、
とは言えなくなってきた今日この頃。
もはや何屋さん、という肩書はいらなないと感じてます。
 
ちなみに私の場合はいつの間にやら仕事が増えていった、
という感じで副業しまくってますがもちろんそうじゃない人もいますね。
中には「これは稼げるから」そんな理由でしている仕事もあると思います。

 
「これは稼げるから」
 
そんな謳い文句で始めてしまった場合。
稼げてなくとも楽しけりゃいいとおもいます。
でも「稼げる」と聞いてやってしまったら
稼げないと辛いのが本音でしょうか。
しかもそういう理由で始めた副業って
大体本業がうまくいってないからやる場合が多いから、特に。

 
ですがここが実は落とし穴。
残念ながら本業上手くいってない人が副業ですこぶる結果出す、
なんてありえないに等しいのです。
 
なぜなら、逃げで選んだ選択は
上手くいかないようにできているので。

 
稼げるから、という理由ではじめたその仕事。
それは積極的に思えて
実は逃げの理由で選んでる選択でもあります。
 
・これで稼げたら補填ができる…
 
そんな思いで始めたものって結果が出ない、というよりは
結果が出る前に自身が諦めてしまうことが多い。
だって本当にやりたくて始めたことではないものね。

 
それに引き換え「稼げる」ではなく
単純に「やりたい事」を副業にするとどうでしょう。
そこには金銭面よりやりがいや充実感が満たされるので
結果が出るまでさほど苦がなく続けれます。

 
物事の結果が出るには人それぞれタイムラグがあるので
そこまで続けれたらそれなりに結果はついてくるでしょう。
そこにたどり着くスピードについては
その結果が本当に欲しいかどうか、ってところでしょうか。

 
まとめますと、やりたいことだから結果がついてくる、
やりたくないことだから結果が出ない。
そんなふわっとした理由じゃなく
物事の結果が出るには人それぞれタイムラグがあるので単純な話、
上手くいくまで興味のないことなど「待てない」だけってことです。

 

副業は私、大賛成です。
 
他人に「何になりたいの?」と笑われたって
誰かの目など気にする必要は1ミリもないし(←これが一番いらん)
やりたいことはやらないのは自分がかわいそうです。

 
反面、本業を補填するような副業ならば
そこそこ覚悟決めてやりましょね、と感じです。
そこそこ削られるものがあるでしょうから。

 
そもそも「苦労しなきゃ稼いじゃいけない」って
潜在的にブロックがある人はこれに陥りやすいので
まずはそこから外していきましょうね。

Return Top