Read Article

広告は小さくテストしてから!

広告は小さくテストしてから!
広告を作成すると、
反応があるのかどうか分からないのに
いきなり大きな予算をかけて広告をやっていませんか。

 
それが、反応が無くただお金を消費してしまい落ち込む!
こんなことやっていませんか?

 
広告を作成した時、
その広告が集客できるのかどうかというのは、
出してみないと分かりません。

 
反応がある広告であれば、
大きな予算を始めからかけて集客することはできます。
でも、反応があるのかどうかわからない広告に
大きな予算をかけるのはダメです。

 
まずは、「この広告で反応があるかわからない!」
と疑問を持ってください。
疑問を持たずに予算をかけて大量に広告して、
お金が無駄に終わるというケースが後を絶ちません。

 
折込みチラシであれば1,000部か2,000部位。
1枚あたりの印刷代と折込料を合わせて5円とした時、
広告費は約1万円です。

 
PPC 広告などのネット広告も1万円以下の
少額でテストをしてみてください。

 
その中で一番反応の良いものが果たして
採算が合うものなのか。
または、リストが大量に入ってくるものなのか
どうか判断してください。

 
反応があるかどうかわからない広告に5万円かけるよりも
1万円の広告テストを5回やった方が余程建設的です。

 
広告に関しては何でもそうですが、
まずは少部数または少額で反応のテストをしてください。
反応が出る広告が分かってから、
そこで予算をつぎ込んでも遅くありません。
その方が、きっとうまく集客ができます。

 
私の場合は、反応が取れる広告ができたとしても
大きな予算をかけることはしません。

 
大きな予算をかけて集客できたとしても
私1人でリフォームをやっているため
見積もりや工事が追い付かなくなってしまいます。

 
なので、大量にお客さまを集めるのではなくて
毎週少部数ずつ継続して広告して、
対応できる範囲のお客さまを集客しています。

 
これは私にあった集客の方法であって
あなたにあったものなのかどうか分かりません。
きっと、集客できる広告を見つかれば、
あなたに合った集客の仕方が見つかります。

 
あなたに合った方法をすぐにでも見つけたいと思ったら、
こちらを覗いてみてください。
https://shoubainin.net/club/entry/e/CM8LaGkDSGmVDCjb/2186/

コメント投稿

PR : 「商売人の学校」基礎コース無料体験実施中!

Return Top