Read Article

治療院あるある「高額商品と自分の葛藤」

治療院あるある「高額商品と自分の葛藤」
高額商品を作る中で、必ず生まれてくる心情があります。
「これを売った後は引き下がれない。」
「どうしよう、治すことができるのだろうか。」
「そもそも、これを売ったらお客さんから嫌われるんじゃないだろうか」

 
ほとんどの方にある傾向だと思います。
私もその中の一人でしたから。
やはり、普段とは違うことをすることって勇気がいりますよね。
僕自身も、本当ならしたくないと心から思っていました。
でも、そんな中で、どうすれば、作れるの?、どうやって売ればいいの?
どうすれば、言葉の順番は?などと考えれば考えるほど、頭が働かなくなり、
結局売ることに怯えてできません。そうなる日々でした。
ここで重要なことは、なぜ高単価商品を作ることになったのか?
もう一度、思い返してみることです。
 
「売上を上げたいから。」
 
この気持ちだけでは、まだまだ売ることへの勇気は出ません
 
私が高単価を売りたくなった理由がありました。
 
「この方とずっと接点を持ちたい。この方ならずっと治療していてもいい」
 
そんなお客さんが皆さんにはいませんか?

 
私はいました。その方がもっと喜んでもらえる環境、治療、空間を
作りたいと思い、その方のためだけのサービスを提供したんです。
それが高単価商品になっていっただけ。
 
もちろん、その商品をその方に進めたら、すごく喜んでいただけました。

 
高単価商品は、一体なんなんでしょうね。

 
売る側は、ビビっている中で、売ってみたらすごく喜んでいるお客さん。
 
完全に我々の気持ち次第だと言うことです。
 
これが全てだと思います。
 
高単価商品を売る目的が明確になればなるほど、ハッピーになれると思います。
 
治療院あるある、高単価と自分の葛藤でした。

 
未病リハビリセンターハレル諸岡店 島添

URL :
TRACKBACK URL :

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

コメント投稿

Return Top