Read Article

多けりゃイイってもんじゃない

多けりゃイイってもんじゃない

本日もブログへの訪問ありがとうございます

商売人の学校講師 蔵楽俊樹です。

9月に入ってだいぶ涼しくなってきましたね。

突然ですがクイズです。

 

コンビニで売っているお水。

500mlのお水
VS
2000mlのお水

値段が高いのど~っちだ?

正解はそう。

【 500ml  】

中身は4分の1なのに500mlの方が高い
っておかしくないですか?

だいたいどこのコンビニでもそうなんですが

500mlの方が108円くらいで
2000mlの方は98円。

4倍も中身多いのになんで???
って思いません?

単純に「水を買う」と考えると
どう考えたって量が多い方が値段が高いと
思うのですが何故でしょう?

答えは簡単。
コンビニで水を買う利用者からすると
500mlペットボトルの方が価値が高い。
持ち運びやすくスタイリッシュで用途、
欲求を満たしているからなんですね。

逆に2000mlのペットボトルはコンビニ
においては量を多くしたことで価値を
下げてしまっているという事。

中身が多ければいいってもんじゃない。

治療院での施術でも同じ事が言える
かもしれません。

普通に考えると施術時間が長ければ
長い方が価値を感じてもらえるって
思いがちですが、逆に時間が短い方
に価値を感じる人もいる。

もちろんしっかりした効果が出せることは
前提ですが、同じ結果を得ることが出来る
のであれば短い時間の方がありがたいと感
じる患者さんは結構いますよ。

いわゆる「時短」を強みにして、それを求
める患者さんを多く集めれば、経営的にも
楽になりますね。

ペットボトルのお水と一緒で
なんでもかんでもたくさん入ってる方が
いいとは限らないって事。

本日も最後までご覧いただきありがとう
ございました。

ゾウラク トシキ

URL :
TRACKBACK URL :

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

コメント投稿

PR : 「商売人の学校」基礎コース無料体験実施中!

Return Top