Read Article

商品価格を安くする安易な考え

商品価格を安くする安易な考え
あなたは今の商品の価格では、
全然売れないからもう少し安くしよう
と考えていますか?

 
もし図星であればちょっと待ってください。
その前にこのブログを読んでください。

 
商品が売れないからといって
安くするという発想は安易な考えです。

 
安くするということは、
今までの利益を出すには
今まで以上に商品の個数を
売らなければいけないということです。

 
売れないところに来て
もっと売らないといけない状況を
自ら作ろうとしているんです。

 
個人事業主が薄利多売を
目指すのはハードルが高いです。
大企業であれば薄利多売の戦略は
ありなのかもしれません。

 
しかし、個人事業主が薄利多売を戦略とするのは、
戦略的には間違っています。
利益が増える要素がありません。
個人事業主が選んではいけない選択肢の一つです。

 
売上げが上がらず何とかしたい場合、
商品の価格を安くするのは小学生でもできます。
あなたのような大の大人が下す
決断ではないと思います。

 
商品の価格を安くする決断をするのであれば、
それがきちんとした戦略に
基づいているならばいいでしょう。

 
この商品を安くすることによって、
利益率が高い商品を買ってもらうような
流れができているとか、
そういうシナリオが描けているのであれば呼び水として、
商品価格を下げることはいいことです。

 
ただし、何も考えなしに全然商品が売れないからといって、
ただ下げてしまうという判断はやめてください。

 
あなたが今の商売を続けたいのであれば、
続けられるだけの利益を継続的に
お客さまから頂かなければいけません。
それをするために商品を売らなければいけないのです。

 
まだ商品の価格を安くすれば
売れるんじゃないかと思うのであれば
どうぞ価格を安くしてください。

 
安くしても決して売れるようには
ならないと思いますけど、、、。

 
じゃあ、どうすればいいのか?
答えは、商売人の学校にあります。

コメント投稿

PR :オンラインサロンご入会受付中!



Return Top