Read Article

売れる日もあれば売れない日もある|売れない日にすることは?

売れる日もあれば売れない日もある|売れない日にすることは?

 

毎日暑くて嫌になっちゃいますね。
今年の夏はなかなか辛いです。

かき氷屋さんも、暑ければドンドン売れると思っていたのに、
暑すぎたら売れない!!

暑すぎると、人が出てきません。
炎天下の外に出て行きたくないですものね。
商売って思わぬことで、うまくいかないこともあります。
それをいち早く察知して、対処することですよね。

 

私が知っているお花の資材屋さんがやっているのは、
雨の日サービスです。

これは、雨の日には、買った商品の送料が無料になるというものです。

多分、当初はそれほど売り上げ維持の狙いではなかったかもしれないのですが、
結果的には、相当売り上げが上がったようです。
雨の日に、資材を持って帰るのは大変なことです。
送料が無料になることで、余分な物も、買ってしまうんですね。

顧客心理とは不思議なもので、ちょっとしたことでも、
このような現象が起きてくるんですよね。

飲食も、サロン系なども、
予約をした日が、雨や、天候の悪い日だった場合、
足元が悪い中、頑張って来てくださったお客様の為に、
ちょっとしたサービスがあると嬉しいかもしれません。
定着してくれば、キャンセル防止策にもなってきます。

 

お客様からみるとどのようなことがありがたいか、
もう一度見直してみるといいですね。

お客様は、値引きや、プレゼント、特別優待など、大好きです。

タイムサービスや、期間限定の値引きは、
天候見ながら、すぐにでもできますよね。

例えば、冒頭のかき氷屋さんも、
熱中症になりそうな人通りの無い時間に無理やり売ろうとするよりも、
アフター5や、夕方に、猛暑見舞いの値引きにしてみるとか。

すぐにでも、店頭表示できることです。
普段なら素通りしていても、目に留まれば、ちょっと寄りたくなるかもしれません。
次を期待するならば、又クーポン券など配るのもいいでしょうし、
とにかくリピートしてもらうといいですよね。

 

売り上げが下がる日は、施策を練って試してみるチャンスです。

特に、天候に左右されたり、季節商品を取り扱っている場合は、
色々な意味で、逆手にとってみましょう。
外的な問題で、売りたい物を売ることができない売り手と、
買いたいものが買えなかった買い手の心理は、どこかで合致しています。

悔しい思いをしているのは、売り手だけではありません。
買い手の欲求を満たしてあげましょう!!

コメント投稿

PR : 「商売人の学校」基礎コース無料体験実施中!

Return Top