Read Article

商品説明をしても商品は売れない

商品説明をしても商品は売れない

最近買い物をする時に感じる事です。
店員さんの対応なのですが、商品の説明が非常に多いです。
専門店、百貨店、飲食店など何処に行っても大概「商品について」のお話は非常に熱心にされます。

自営業の方や社員の人問わず多くの定員は、お客さんに対して「商品説明」をしたがる傾向にあります。
それが悪いとは言いませんが、商品説明ばかり聞いていると疲れてくるんですね。中には必要のないお話も多く含まれるので。

営業マンでさえそのような感じの方が多いです。何処で買い物をしても大概「この商品は素晴らしい」という商品説明が延々と続きます。

また、大手なんかは特にそうですが、プラスワン販売が義務付けられていることが多いです。
行く先々で「もう1点お勧め商品があるのですが」という感じで最後の1アイテムを勧められてきます。本当にうんざりします。

ただ、私自身おススメされることは嫌いではありません。
商品説明も嫌いではありません。
では何にうんざりするかと言うと、「買う人の目的」が大きく欠如しているからです。

何の為に使うのか?
なぜ買いに来られたのか?
商品購入の目的は何か?

といった「使う用途」をお客さんに聞くという部分が大きく欠けています。
これがなく、商品の説明ばかりしてくるので、買う側は「押し売り」に感じてしまいます。

お客さんは自分から使う用途を言いません。その辺り「何に使うのか?」「何が目的なのか?」「本当に欲しているものは何なのか?」という部分を接客の際に掘り出すことができれば、商品は簡単に売れます。

ぜひ接客の初めに「何に使うんですか?」という事から聞いてみてはいかがでしょうか?
話が大きく膨らみます。
お客さんの予算を超える売上を出すことができますよ。

URL :
TRACKBACK URL :

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

コメント投稿

PR : 「商売人の学校」たった10間、これをやればあなたも売上アップできる?!
登録無料動画配信中!

Return Top